【機能性表示食品対応素材】進化する機能性表示食品 受理実績も堅調に伸長

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 機能性表示食品制度が迷走を繰り返しながらも進化を遂げている。受理実績が堅調に伸びているだけでなく、「尿酸値」といった新しい分野での受理実績も生まれるようになっている。31年3月までには、「専ら医薬品」成分を機能性関与成分とした機能性表示食品が開発可能になる見通しとなっている。素材各社だけでなく、受託製造各社も、機能性表示食品の開発支援体制を強化している。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月15日号で)

■掲載企業
・三協
・東洋新薬

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ