【人】 〈エアークローゼット 天沼聰 代表取締役社長兼CEO〉/”レンタル”をやりたいわけではない

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ファッションレンタルサービスで急成長中のエアークローゼット(本社東京都)を率いる天沼聰社長は、「レンタルビジネスをやりたくて創業したわけではない」と話す。天沼社長や創業メンバーが作りたいと考えたのは、”ワクワクする出会い体験を生み出す仕組み”だったという。
 「実は創業メンバー3人は皆、ファッションに疎い。でもファッションの持つ力は人一倍信じている。ファッションが人に与える影響は大きく、たくさんの洋服と出会える仕組みを作りたいと考えた」(天沼社長)と振り返る。
 ターゲットである女性は、男性よりもライフスタイルにおける時間の使い方の変化が激しいとみている。出産や子育てに追われ、ファッションを楽しむ時間が少なくなりがちだ。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月8日号で)


〈プロフィール〉
天沼聰(あまぬま・さとし)氏
 英国の大学にて経営やコンピューターを学び、帰国後の03年にコンサルティングファームに入社。IT・戦略コンサルタントのマネージャーとして経験を積む。11年に楽天に入社。UI/UXに特化した海外13拠点へのサポートグループを組成し、グローバルマネージャーを務める。14年、ノイエジーク(現エアークローゼット)を設立した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ