【NB水素商品】 オーエイチエスジャパン/飲用・吸入・入浴の1台3役/レンタル導入で組織拡大に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 オーエイチエスジャパン(本社福島県、小松欣也社長)は今年2月、新たな水素発生器「H2 PREMIUM(プレミアム)3『GOLD』」を投入した。従来製品をベースに水素発生量を増加、さらに機能を改良しデザイン性を高めた。
 「H2 PREMIUM(プレミアム)3」は、「水素飲料の生成」「水素の吸入」「水素風呂での入浴」の三つの機能を1台に備えた点が最大の特徴。電解液は不要で、専用の純水(もしくは精製水)のみで水素を発生させる。
 ディフューザー(別売)を機器に付属しているチューブに繋げ飲み物などに挿入すれば、手軽に水素飲料を生成できる。付属のチューブマスクで高濃度の水素が吸入できる。さらに、風呂用アタッチメント(別売)を取り付けると、自宅の浴槽内のお湯が水素水に変わる。
 「1台3役の機能を持つ水素発生器は他になく、他社の機能を1台にまとめた画期的な商品」(小松社長)と自信を示している。
 操作盤をボタン式からタッチパネル式に変更。
水位センサーにより水量不足での作動の防止、温度センサーで機器内の水温が70度を超えると自動的に運転が停止し、40度以下に下がると再開できるなど、安全性をさらに向上させた。
 リラクゼーション効果も付加。水素発生モードごとにグリーン、ブルー、レッドの3色に点灯、3段階に明るさを切り替え可能でリラックス効果も期待できるように工夫した。
 ランニングコストは、1日3時間使用の場合で電気代が月約90円。カートリッジの交換なども一切不要で、専用の純水補充をするだけ。ドラッグストアなどで売られている市販の精製水も使用できるそうだ。
 「GOLD(ゴールド)」限定で、レンタル制度も導入予定で、製品体験を通じた組織拡大を狙う。
 「レンタルを通しより多くの方に水素の利用を促し、体験を通じて購入につなげたい」(小松社長)としている。
 価格は「GOLD」が定価税別75万円、「SILVER」(従来製品)同50万円。風呂用アタッチメントは同3万円。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ