【腸内環境改善素材 特集】

 「腸内環境改善」という言葉の訴求力は引き続き高い。乳酸菌などを中心に、市場は拡大を続けているようだ。エビデンスを取得した腸内環境改善素材を、サプリメントだけでなく、菓子や一般食品に配合するケースも一般的になってきた。「腸内環境改善」という言葉が一般化するとともに、エビデンスの内容も問われるようになっている。「善玉菌が増えて、悪玉菌が減った」というエビデンスを取得する企業もある一方で、最近では「肥満型菌が減って、痩せ形菌が増えた」というデータを取得する企業も増えてきた。データや体感により、腸内環境改善の作用が確かめられた素材を紹介する。

(続きは、「日本流通産業新聞」9月28日号で)


■掲載企業
・GLART
・セティ
・日東薬品工業
・コンビ
・ビーアンドエス・コーポレーション
・コトブキ薬粧
・ワイドプランニング
・ホソダSHC

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ