シュガーレディ本社/子育て層を狙い、テレビCM開始/新たにトライアルセットを投入

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

新戦略を発表する佐藤社長

 シュガーレディ本社(本社東京都、佐藤健社長)は4月10日から、テレビCMの放送を皮切りにメディアによるプロモーションに注力し、働く子育て層の新規開拓に乗り出す。CMを観て問い合わせてくる消費者に対し、新たに投入するトライアルセット(税込1880円~)を購入してもらい、宅配に誘導する。販売員「シュガーレディ(SL)」が開催する無料試食会「シュガーパーティー」では接点を持つことができなかった消費者を開拓して、8期ぶりの増収転換を狙う。
 新戦略は、4月5日に都内で開催した新CM発表会で佐藤健社長が明らかにした。4月10日から放送するCMは、俳優の沢村一樹を起用。CMでは、449品目の化学合成添加物を使用していないことを前面に押し出した。忙しい主婦でも調理が簡単にできることをアピールする。計1100品目の冷凍食品を新たに「プレミアムフローズン」としてブランディングした。
 テレビCMは春と秋の年2回に集中して放送する。東京・新宿や渋谷、大阪・道頓堀などの繁華街ではテレビCMを大型ビジョンで放映する予定だ。
 新たに投入する「トライアルセット」は5品目。ボイルハンバーグやさばの味噌煮などで構成する「Aセット」、中華丼の具や豚肉と竹の子の細切りあんかけなどで構成する「Bセット」、ミニハンバーグなど弁当向けの「Cセット」「Dセット」、1食当たりの塩分が1・5グラム未満のメニューを集めた「Eセット(健康楽膳・塩分気配りセット」をそれぞれ、20%割引で購入できる。さらに、調味料「お試し用・万能かけぽん」を1本プレゼントする。

(続きは「日本流通産業新聞」4月7日号で)

CMに起用した俳優の沢村一樹は発表会に参加した

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ