ヤクルト本社/世界大会を東京ドームで開催/33カ国・地域から1万人が参集

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつする堀澄也会長兼CEO

ヤクルト本社は15年12月6日、東京ドームで「2015 ヤクルト世界大会」を開催、世界33カ国・地域からヤクルトレディ(YL)やヤクルトビューティ(YB)ら約1万人が参集した。
 堀澄也会長兼CEOは冒頭のあいさつで「ここにいる販売員の皆さまは、雨の日も風の日も夏の猛暑でも冬の凍てつくような寒さでも1軒、1軒健康を届けている。お年寄りの安否を確認する訪問活動や地域の防犯にも協力を頂いている。皆さまの活動は間違いなく社会に貢献している」と話した。また、「『乳酸菌シロタ株などを通じて、世界中の人に健康と幸福と平和をもたらしたい』これが、創業者である代田稔博士が作り上げた当社の理念だ。この理念、目的を実現する最先端で働いている皆さまの活動は誇りに思っていただきたい」と販売員を激励した。
 来賓のあいさつでは、筆頭株主でダノン社のフランク・リブー会長が登壇。「プロバイオティックスが未来の食の一つだと確信している。プロバイオティクスは健康に不可欠だ。10年以上にわたって協力関係であることを感謝している。15年前に筆頭株主になったが、今後も安定的な支援者であるつつける」と話した。

続きは「日本流通産業新聞」1月1日号で)

約1万人が参集した「2015 ヤクルト世界大会」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ