【成長ショップ物語】 〈ウェルネスキット〉/SNSでの施策を強化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ECサイトで販売されているCBD製品

 大麻由来の成分であるカンナビジオール(CBD)のECを展開するウェルネスキット(本社東京都、相内拓也社長)は、SNSでの施策を強化しECの売り上げを伸ばしている。具体的な数値は非公開だが、19年1月の売り上げは前年同月実績に比べて約10倍増で推移しているという。
 同社は18年10月から、CBD製品を輸入し、販売している。19年7月に法人化した。ウェブ広告に一切投資せず、インスタグラムやツイッターなどのSNSを活用し、製品の認知拡大と販売につなげている。18年11月にツイッター、19年3月にインスタグラムの運用を開始している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月20日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」
■導入システムBASE(ECサイト構築支援)
■外注先「ヤマト運輸(配送)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ