【成長ショップ物語】 〈ビームテック〉/「PayPayモール」でPV数減少も想定内

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

吉田甚一朗取締役営業統括部長

 LED照明を製造・販売するビームテック(本社埼玉県、ゼン・ライン社長)は、ヤフーが10月に開設した「PayPay(ペイペイ)モール」に最初から出店し、売り上げ拡大を狙う。新モールへは期待が大きい反面、不安もあった。数カ月前から広告施策で見込み客のメールアドレスを大量に獲得し、キャンペーンで巻き返しを図れる状況を作り、リスクヘッジしていた。実際、「ペイペイモール」が開設すると「ヤフーショッピング」と比べ、閲覧(PV)数は減少したという。
 同社は「楽天市場」や「ヤフーショッピング」においてLED照明分野で大きなシェアを握っている。「ペイペイモール」の出店基準を満たしており、開設時から出店することにした。


■検索上位表示を独占

 「ヤフーショッピング」では、一般消費者向けに2店舗、事業者向けに1店舗の計3店舗を運営していた。一般消費者向けのメイン店舗を「ペイペイモール」に移行し、セカンド店舗を「ヤフーショッピング」のメイン店舗に据え、二つのモールに対応できる体制を整えた。

(続きは、日本ネット経済新聞」10月31日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」「楽天市場」「ヤフーショッピング」「PayPayモール」「アマゾン」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ