【成長ショップ物語】 〈「エミネット公式オンラインショップ」〉/主力品刷新で9、10月が大幅増収 [前文]

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

機能性表示食品に刷新した「天使のララ」

 健康食品の通販を手掛けるエミネット(本社鳥取県、内田幸男社長)は、19年9月度の売上高が8月度と比較して40%増加した。9月に刷新した主力の機能性表示食品「天使のララ」が売り上げをけん引している。10月は、21日時点で9月度実績の50%増で推移している。LINEのインフィード広告が新規顧客獲得につながっているという。
 「天使のララ」は、「いわゆる健康食品」として販売していたが、19年9月10日に機能性表示食品に刷新した。これにより、新規顧客獲得件数が増加したほか、3年以上継続して定期購入している顧客の離脱率が下がった。同社によると、機能性表示食品になるなる前は2.2~2.3%だった離脱率が、1.8~1.9%に減少したという。機能性表示食品に刷新したことが、既存顧客の信頼感向上に役立っている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月24日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」「楽天市場」「ヤフー」「アマゾン」
■外注先「ヤマト運輸(配送)」「日本郵便(配送)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ