【成長ショップ物語】 〈「TSUJIMOTO coffee」〉/ファンづくり捉えた企画を続々

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

辻本智久社長

 ECと実店舗でコーヒーの製造・販売・卸を手掛ける、すてきなじかん(本社大阪府、辻本智久社長)は、ECと実店舗で珈琲の製造・販売・卸を手掛けている。卸売り事業からスタートし、ECに進出、16年4月に実店舗を開設した。
 05年に楽天市場を通じてECを開始して以来、通販売り上げは堅調だという。現在の事業展開に至っている。
 ECサイト「TSUJIMOTO coffee」では、サイトを訪れた人が好みのコーヒーを発見できるクイズ形式のチャートなど、商品紹介ページに誘導する仕掛けを施している。
 サイトのトップでは辻本社長の一言コラムや最新ニュースを掲載。「お客さまがいつ訪問しても飽きないようなページづくりを目指している」(辻社長)と話す。
 認知拡大とファン作り促進のため、「すてきなじかんプロジェクト」を随時実施している。
 18年4月に実施した第1弾では、フォトコンテストを開催。ドリップコーヒー「雨上がりのじかん」の発売に合わせて、「雨あがり」をテーマに写真またはストーリー(文章)をECサイトの特設ページで募った。
 第2弾は、ドリップコーヒー「ぱんじかん」の卸売り事業だ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月29日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社ECサイト」「楽天市場」「アマゾン」「ヤフー」「Qoo10」「Wowma!」
■導入システム「futureshop(フューチャーショップ)」(サイト構築)
■外注先「ヤマト運輸」(配送)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ