【EC向けサービス導入事例】〈Dai「Bカート」〉/「フラワーイズピースドットコム」/取引先ごとに個別対応も可能

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

椎名輝マネージャー

 椎名洋ラン園(本社千葉県、椎名正剛社長)は、丈が20〜40センチメートルまでの「ミディアム〜マイクロサイズの胡蝶蘭」を卸売りするECサイト「Flower is peace.com(フラワーイズピースドットコム)」を運営している。
 椎名洋ラン園では、「ミディー胡蝶蘭(コチョーラン)」のオリジナル品種を生産。千葉県にある約1万5000平方メートルの農園で栽培している。約10数年の年月をかけて、胡蝶蘭の品種改良を行った。オリジナル品種を開発し、植物特許も取得している。
 2017年秋に卸売りECサイト「フラワー・イズ・ピース」を開設。在庫を持たずに花を販売できるという点を顧客にアピールしている。市場を介さず、直接仕入れることで価格面での優位性も訴えている。全国の生花店のほか、ネットショップなどの顧客も増えているという。生花類を販売しない異業種からの注文も目立っている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」3月8日号で)



〈システム概要〉
 「Bカート」は、BtoBの受発注業務をIT化するクラウド基盤のECプラットフォーム。BtoB特有の商習慣に標準機能で対応する。カスタマイズが不要ですぐに利用できる。楽天市場出店者から上場企業まで、400社以上の導入実績がある。10万を超える事業者がBカートで発注を行っているという。最短3日、月額9800円から導入でき、カスタマイズの必要がない。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ