【EC向けサービス事例】第146回 「助ネコ通販管理システム」/導入サイト 釣り具EC「HIKOBOSHI FISHING」/管理画面リニューアルで自動処理強化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

彦星フィッシングのオフィシャルサイト

 釣り用具を販売する彦星フィッシング(本社福岡県、井上和彦社長)は、ECサイト「HIKOBOSHI FISHING」でルアーなど約4000アイテムを販売展開している。30~50代の顧客が多く、月商は約1000万円。楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングに出店している。
 従来は楽天市場だけに出店していたが、複数のモールに出店するのに向けて、14年にアクアリーフ(本社神奈川県、長谷川智史社長、0463―63―1400)が提供する一元管理システム「助ネコ通販管理システム」を導入した。受注管理、在庫管理、商品登録といったすべての機能を活用している。
 彦星フィッシングの井上和彦社長は「電話でのサポートが充実していると聞いて導入した。実際に、どんな困ったことにも親切に、迅速に対応してくれる。ぶっきらぼうなシステム屋さんも多い中、非常に満足している」と話す。
 「助ネコ」の強みの一つは、新しいスタッフでもすぐに使いこなせる操作性のよさ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月7日号で)



〈システム概要〉 
 07年から提供している「助ネコ通販管理システム」は、複数ネットショップの受注管理、在庫連動、商品登録を一元管理できるシステム。直感的に使える管理画面により、新人社員などでもすぐに使いこなせる点が強み。最短10分で初期設定が可能。細やかなサポート体制も特徴だ。
 助ネコならではの「おもてなし接客機能」は、 手間なく、自店のリピーターやファンを育てることができる。人件費削減や、売上アップを支援する。
 初期費用は3万円(アンケートに回答すると1万円)で、月額費用は2000円から。現在、約1500社が導入している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ