【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第194回 ジェラート専門ECサイト<奄美ジェラート>/奄美ジェラートを食べて、この島・この町に来てほしい

運営社の保田大介氏(左)と保田真弓氏(右)

 奄美大島南部の瀬戸内町に実店舗を構え、奄美の特産物を使ったジェラートを製造・販売する「castano」。ネットショップをはじめ、百貨店、スーパー、コンビニ、イベントなど、積極的に販路を拡大し、全国に「奄美ジェラート」ファンを増やしている。ネットショップ担当の保田真弓氏に話を聞いた。

●こだわり・特徴
 奄美塩、奄美黒糖、サトウキビ酢、喜界島の白ゴマなど、奄美の特産物を使った「奄美ジェラート」。全国の人々に奄美の魅力を知ってほしいという思いから、ネットショップを開設したという。
 「奄美の特産物を使い、奄美で製造し、奄美から発送していることが特徴であり、こだわりです。最初に作ったのは、同窓生のお父さんが製造している天然塩を使ったジェラート。イタリアンジェラートはコクがあるのが特徴ですが、奄美の素材ははっきりした味なので、ベースのミルクはさっぱりと仕上げています。最近では、奄美の地下天然水とチョコレートのコラボフレーバーや、地卵を使ったバニラジェラートも製造しています。私たちのジェラートを食べて、奄美がどんなところかを知ってもらい、奄美と地元瀬戸内町の認知度を上げて、この島・この町に来てもらいたい、という思いを持ってネットショップを運営しています」

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月23日・30日合併号で)

天然塩「さんご塩」を使った一番人気の「奄美塩ジェラート」

6種類のフレーバーが入った「奄美ジェラートギフトセット」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

こだわりの逸品 特産品EC 連載記事
List

Page Topへ