【EC向けサービス事例】第139回 サイト分析ツール「AIアナリスト」/導入サイト「ネジクル」/顧客の行動分析で、継続利用率1.5倍に

ツルガ・敦賀伸吾社長

 ネジのECサイト「ネジクル」を運営するツルガ(本社大阪府、敦賀伸吾社長)は、WACUL(ワカル、本社東京都、大津裕史社長)が提供するサイト分析ツール「AIアナリスト」を導入している。同ツールの導入により、ECサイト利用者の行動分析ができるようになり、ターゲットごとの広告戦略が打てるようになった。ターゲットの選定により、2回目以降も購入する顧客の割合が、導入前と比べて1.5倍に伸びたという。
 「ネジクル」では、特殊なネジや工具など、60万点以上を販売している。ネジだけでなく、ナットやボルトなども販売しており、顧客は建材の工場から病院、中華料理店まで多岐にわたる。
 ツルガが「ネジクル」に導入した「AIアナリスト」は、アクセス解析ツール「Google(グーグル)アナリティクス」と連携して機能するサイト分析ツールだ。「グーグルアナリティクス」の解析結果を基に、ユーザーのアクセス元や滞在時間を分析してくれる。無料版の「AIアナリスト」では、AIが改善の方針を示してくれるだけだが、有料版では、改善方針の根拠まで提示してくれる。
(続きは、「日本ネット経済新聞」9月14日号で)


《システム概要》
 ウェブコンサルティングを行うワカルが開発した「AIアナリスト」は、「グーグルアナリティクス」のデータを基に、サイトの改善を提案するツール。改善点を分かりやすいレポートで提示してくれる他、導入企業は、サイト内の気になるページについて調査し、結果を見ることもできる。「グーグルアナリティクス」を導入していれば、ツールの一部を無料で利用することもできる。導入サイト数は1万4000件を超えている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ