【Eコマース業界地図「コンサル・運営代行」】いつも. /支援実績8000社超/中小企業へノウハウを安価に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

コンサルティング事業部・高木修部長

 ECのコンサルティングや運営代行を行う、いつも.(本社東京都、坂本守社長、(電)03―4580―1365)は、大手から中小企業まで8000社以上を支援し、国内トップクラスの実績を持つ。大手企業の多モール展開やオムニチャネル化を支援している。大手企業の支援で培った楽天市場やアマゾンなど大手モールでの運営ノウハウを体系化し、中小企業にも安価に提供している。
 自社サイトや大手ECモールの店舗構築から、集客・運営効率化・物流、越境ECまで支援している。コンサルティングやクリエーティブ制作、運営代行を行う国内外230人規模の支援体制を構築。豊富な実績を持つスタッフがEC事業をワンストップで支援する。
 最近は「大手・中堅企業からアマゾンでの販促支援を望む要請が増えている。アマゾンの広告運用を代行し、売り上げ拡大を実現した事例も増えている」(コンサルティング事業部・高木修部長)と言う。
 昨年12月には、平均月商500万円以下の楽天店舗を対象にしたコンサルティングサービス「いつも.式楽天鉄則コンサルティング」の提供を開始した。
 支援店舗の現状に合わせ、売り上げ拡大のための優先施策を盛り込んだ実施計画を作成し、担当コンサルタントとともに実行することで確実に成果につなげている。
 大手企業にも提供しているノウハウを初期費用5万円、月額費用7万9800円で習得できると、大きな反響を集めている。
 「メンズファッションのセレクトショップには、楽天の会員向けポイント還元サービス『スーパーDEAL(ディール)』への参加を提案。ポイント施策で周知拡大し、利用者を増やした。さらに、楽天内の検索対策も同時に実行することで、支援開始初月に売上高を前年同月の240%に拡大できた」(同・山下優佑リーダー)と話す。
 越境ECやフルフィルメントを支援するサービスも提供している。EC事業の川上から川下まで一括して支援できる体制も強みとなっている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ