〈KDDIとローソン〉 会員基盤は1億人超/「Ponta」にポイント統一

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

写真左からLMの長谷川剛社長、ローソンの竹増貞信社長、KDDIの高橋誠社長、三菱商事の京谷裕コンシューマー産業グループCEO

 KDDIは12月16日、ローソンおよび三菱商事の関連会社とそれぞれ資本業務提携を締結したと発表した。各社のポイントを20年5月以降、共通ポイントサービスの「Ponta(ポンタ)」に統一。通信、決済、ポイント、リアル店舗を連携した新規事業を創出する。「ポンタ」へのポイント統合で、1億人超の会員基盤によるデータを活用する。
 KDDIは12月13日、三菱商事の関連会社で「ポンタ」を運営するロイヤリティマーケティング(LM)の株式20%を三菱商事から取得。さらにローソンの発行済株式総数の2.1%を市場買い付けで取得する。
 KDDIの「au WALLETポイント」は来年5月以降、「ポンタ」に統一。会員基盤を活用したデータマーケティングや、新規事業の創出に取り組む。
 auIDとポンタIDの連携も計画しており、パーソナライズを軸とした次世代型のコンビニサービスを提供する。
 具体的には、(1)コンビニ来店者向けのサブスクリプション型サービス(2)モバイルオーダーやロボティクス無人受け取り機による購買体験─などの提供を計画している。
 決裁面ではKDDIのスマホ決済システム「au Pay」と「ポンタポイント」やローソンの各店舗との連携を強化する。「ポンタ」「au Pay」のアプリ上で両サービスの相互利用を可能にするほか、ローソン店舗における「au Pay」の還元率を優遇する。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ