MonotaRO 14年12月期/売上高30%増の449億円/広告強化と商品数拡充が奏功

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

約800万品目を販売している(ECサイトのトップページ)

 工具などのBtoB通販を手掛けているMonotaRO(モノタロウ)の14年12月期の売上高は、前期比30・0%増の449億3700万円だった。当期はテレビCMを中心に広告宣伝を強化したほか、取扱品目数を約1・6倍に拡充。ECサイトの利便性向上や当日出荷の対象商品を約20万品目に増やすなど、サービスの改善にも取り組んだ。販促策が奏功し期初時点の売上高計画も達成している。
 当期は受注件数の約80%をECサイトが占めた。約15%はFAXでの注文だった。ECサイトの主な集客手段は検索エンジンのリスティング広告とSEO対策。
 顧客獲得を強化するため14年3月24日から4月6日にかけて、近畿地方と中京地域、長野県、静岡県でテレビCMを放送した。8月25日から9月7日には関東、近畿、中京、長野県、静岡県で放送している。
 取扱品目数の拡充にも力を入れた。14年12月末時点の取扱品目数は前年比約1・6倍の約800万品目に増えた。
 3月には購入頻度の高い消耗品を中心に定期注文サービスを導入。対象商品は11品目から段階的に増やし、期末時点で47品目となっている。

(続きは本紙2月5日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ