〈新設ECモール〉キュレーションで差別化/専門家による商品紹介で購買促進

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

モデルが商品を紹介する「jiggy mall」

 特定の視点を元に商品情報を選別して紹介するキュレーション型のECモールが登場している。出版社のセンディング(本社東京都、川口浩社長)は15年1月、発行するファッション誌「jiggy(ジギー)」と連動したECモールを開設。オールアバウトはこのほど、約900人のガイドの記事コンテンツと連動したECモールを開設する方針を明らかにした。両社ともガイドやモデルなどの専門家の影響力を生かし、ユーザーに利用を促したい考えだ。

ガイドの発信力生かす

 オールアバウトは14年12月、ECサイト構築サービス「moremall(モアモール)」を提供するインディール(本社北海道、坪井大輔社長)と資本・業務提携した。
 「moremall」は無料でECサイトを構築できるだけでなく、構築したサイトにアップした商品情報が、インディールが運営するECモールに自動的に無料出品されるサービスを売りにしている。オールアバウトはインディールのシステムを活用し、自社で提供しているガイドの記事コンテンツと連動したECモールの開設を目指すという。
 「ECモールの具体的なサービス内容は未定」(経営管理部・柏原浩志氏)と話す。ただ、「これまでガイドは商品やサービスの情報を提供するにとどまっていたが、ユーザーからも『どこで買えるのか』といった問い合わせが寄せられていた。インディールのECシステムを活用し、ガイドの情報発信とECを連動させた仕組みを作りたい」(同)と話す。

(続きは本紙1月15日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ