グリー/リフォームECを買収/13億円で完全子会社化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

セカイエが運営している「リノコ」

 ソーシャルゲーム大手のグリーは1月9日、住宅リフォームの仲介サイトを運営しているセカイエ(本社大阪府、高間舘紘平社長)を完全子会社化した。取得価額は13億円。14年夏に開始したリフォームEC事業を強化する。

 セカイエは住宅リフォームの消費者と工務店をマッチングする仲介サイト「リノコ」を運営している。取扱商品はキッチンやトイレ、浴室、フローリングなど。工事費込みの価格をサイトに明示し、リフォームの費用を明瞭化しているのが特徴だ。
 「リノコ」には500社以上の工務店が登録している。成約件数は年間2500件以上という。工務店の登録料は無料。成約金額の数パーセントがセカイエの収入となる。

(続きは本紙1月15日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ