【健康食品通販企業トップインタビュー〈機能性表示制度への対応を聞く〉】ケンコーコム 橘田尚彦社長/品ぞろえを再び拡充し、さらなる増収狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

橘田尚彦社長

健康食品・日用品ECサイトを運営するケンコーコムの14年12月期売上高は前期比10・0%増の208億2000万円となった。主力サイト「ケンコーコム」は減収だったが、楽天から譲り受け運営を開始したサイト「楽天24」の成長が業績拡大をけん引している。14年10月に代表取締役に就任した橘田尚彦社長は、商品数を再び増加させ、売り上げをさらに伸ばしていきたいという。「今期(15年12月期)は前期以上の成長を目指す」と語る橘田社長に、事業戦略について聞いた。

 ─主力サイト「ケンコーコム」の14年12月期の売上高は前期比7・4%減の159億6000万円だった。減収の要因は。
 当社が取り扱っている商材の、リアルも含めた市場は二桁成長しているわけではない。プラスになるチャネルもあれば、マイナスになるチャネルもある。当社には、14年1月から運営している「楽天24」というチャネルもある。楽天ユーザーの中には、「楽天」という名前が付いたサイトという安心感や、ポイント還元率などのお得感から「楽天24」で買いたいと考える方もいるだろう。ユーザーの好みや趣向によって購入先を選べるようにしたいと考えている。「ケンコーコム」の顧客が、「楽天24」に流れた分もあるだろう。トータルで見たときに成長しているかが重要だ。
 ─決算説明会では15年12月期の具体的な売上高予想を発表しなかった。どのぐらいの成長を目指しているのか。
 前期よりも高い成長率を目指している。前期の「楽天24」の売り上げは分母が小さかったこともあり、極端にいうと四半期ごとに倍々のペースで伸びていった。今期もそのペースで拡大していくのは難しいが、「楽天24」が全体のけん引役になる可能性は大きい。
 ─競合企業との競争も過熱しているが、どのように差別化するのか。
 楽天グループの一員であることは強みとなる。楽天が展開している「楽天BOX」(街中に設置した宅配ロッカーで商品を受け取れるサービス)などの取り組みにはいち早く参加している。今後も楽天の取り組みにうまく乗っていきたい。「楽天24」では、楽天の会員情報を基に、属性や購買履歴などに応じて、サイト上でお薦め商品を表示する取り組みも実施している。

(続きは本紙3月26日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ