ファンケル/「食生活を鍛える」/発芽米主食の食事を提唱

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

発表会であいさつするファンケル・若山和正上席執行役員健康食品事業部長

 ファンケルは10月30日、”食生活にもトレーニングを”をコンセプトとした「ファンケル フード トレーニング」を提唱していくことを明らかにした。発芽米を主食とするとともに、塩分やカロリー、野菜量、食物繊維を考慮したメニューを開発した。都内に期間限定のレストランを開設するほか、自宅で体現できるように通販限定のメニューも用意した。
 「ファンケル フード トレーニング」は、心と体を整え、健康な生き方を手に入れるために”食生活を鍛える”という考え方を取り入れた。まずファンケルの発芽米を活用した取り組みから開始する。
 具体的には発芽米を主食とし、1食当たり塩分は2グラム前後、適正カロリー、野菜量120グラム以上、食物繊維6グラム以上に配慮した内容となっている。発芽米とフードトレーニングレシピブックを28日ごとに3回届ける、「フードトレーニングプログラム」も用意した。
 このほか、六本木ヒルズ内に10月31日から12月1日まで、「ファンケル フード トレーニングジム」と銘打ったレストランを開店。実際にトレーニングメニューが食べられるようにした。
 発表会であいさつした若山和正上席執行役員健康食品事業部長は「『フード トレーニング』という考え方を今後もより広く認知拡大していくために、発芽米だけでなく青汁やその他の食品の活用、他の食品会社とのコラボレーションを通じて、積極的な展開を図っていきたい」と抱負を語った。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ