宝島社/ECサイトを新設/自社ブランド200品目を販売

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「キッピス」は北欧風のデザインを取り入れたライフスタイルブランド

 出版事業を手掛ける宝島社(本社東京都、蓮見清一社長)は7月5日、新たなECサイトを開設した。自社ブランド「kippis(R)(キッピス)」の商品200品目を取り扱う。「キッピス」はこれまで、マルハニチロなど9社と商品を共同企画している。ECサイトでは、これまで販路が異なっていた各社との共同企画商品を一括して販売し、さらなる購買につなげるのが目的。
 ECサイトはオリジナル商品を含めた200品目を取り扱う。「キッピス」の販路は、商品により書店やネットショップなど多岐にわたっていた。ECサイトの開設は、商品のまとめ買いや、首都圏以外の顧客を獲得する狙いがある。
 宝島社は「柄から商品が探せるといったサイトの使いやすさにこだわった。モデルのkazumiさんと企画したEC限定商品や、化粧品製造のキレートジャパンとコラボしたシャンプーが人気を集めている」(広報課)と説明する。

(続きは、「日本流通産業新聞」8月9日・16日合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ