TIENSJAPAN/体験型学習イベントを開催/新製品の試用コーナー設置、1800人が参加

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ティエンズ・ユニバーシティ」会場

 TIENS JAPAN(本社東京都、深作荘一郎社長)は10月12日、新製品の発表や展示、体験ができる体験型学習イベント「TIENS University(ティエンズ・ユニバーシティ)」をハイアットリージェンシー大阪で開催した。当日は1800人を超えるディストリビューターとゲストが来場した。
 新製品展示ブースは開場と同時に多くの人が集まり、ビューティー製品の試用コーナーでは、「アプロティー オーガニック」新製品を熱心に試す姿が見受けられた。また「neoyakuzen」の展示コーナーでは、新製品「MAX(エム エイ エックス)」の働きをパネル展示した。
 ステージでは講演が行われた。慶應義塾大学医学部の井上浩義教授が話題のアポラクトフェリンの機能、有用性に関して講演。日本の経営コンサルタントの草分けとしてメディアで活躍している、ドリームインキュベータ―の堀紘一会長は「失敗から学び取り、次のチャレンジにつなげることが成功の道である」という講演を行い、場内を盛り上げた。

深作壮一郎社長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ