スカイネットインターナショナル/ミスユニバース福島大会の選考を併催/ダイヤモンドクラブラリーを華やかに開催

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ラリーに併催された「ミスユニバースジャパン・福島大会」の様子

 ピュア・クリスタル、エムブランの親会社、スカイネット・インターナショナル(本社福島県、新川紗敏会長)は11月1日、東京・竹芝でコンベンション「ダイヤモンドクラブラリー2015」を開催、全国から会員ら1000人が参集した。ラリーでは、今年から主催することになった「ミスユニバースジャパン・福島大会」の最終選考(決勝ラウンド)の発表、タイトルの表彰式を行った。
 冒頭のあいさつでスカイネットグループの新川紗敏会長は、創業から20年を振り返り「スカイネットインターナショナルの創業から20年を経て、ピュア・クリスタル、エムブラン、ピュアルネッサンスが三位一体となって取り組んできた。リンパ施術を世間に広めることが技術の伝承、自らの収入につながる。今回からミスユニバース福島大会の最終選考を兼ねたイベントになる。福島県浜通りの皆様の支援につなげていきたい」と話した。
 コンベンションでは、日本リンパ美容学院が毎年6月に開催するイベント「ボディメイクアーティスト」の歴代イメージキャラクター、各トップリーダーを紹介。日本リンパ美容学院の全国のサロンのスタッフの紹介を行った。
 「ミスユニバースジャパン福島大会」の最終選考(決勝ラウンド)では、佐藤真瑚さんがグランプリを受賞した。

あいさつする新川紗敏会長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ