【ECコンサルタントによる「勝手にECサイト分析」】□□256 ジャパンEコマースコンサルタント協会 小林厚士理事〈「城紅型染工房」〉/伝統守りつつ新しい取り組みで文化伝える

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「城紅型染工房」のトップページ

 沖縄県浦添市にある創業49年の城紅型染工房では、約500年の歴史ある、沖縄の伝統工芸「琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)染め」で制作したアイテムを販売している。
 琉球紅型染めの生地は、琉球王朝時代には王様や貴族の衣裳として用いられていた。戦後は着物や帯などで用いられていたが、着物の需要とともに衰退。現在では技術者の高齢化や後継者不足で、この染色技術を持つ工房が次々と廃業している。
 沖縄の伝統工芸の明かりを消してはならないという思いと、「琉球紅型染め」をもっと身近に感じてほしいという願いによって、実店舗とECサイトの運営を行っている。


■品ぞろえで差別化

 ECサイトは、「暮らしの中に紅型を」をコンセプトにタペストリー、子ども服、小物、雑貨、スマホケース、日傘、ひな祭り、こいのぼり、クリスマスなどの季節アイテムを制作している。通販比率は年々拡大しているとのこと。購入者の65%は沖縄県外の人だ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」6月4日号で)

〈筆者プロフィール〉
こばやし・あつし
 99年に楽天市場出店。最大7つのECサイトを運営。楽天店舗では02年、楽天ショップオブザイヤースーパーオークション賞受賞。長野県・新潟県・富山県・山梨県登録専門家(IT部門)。経済産業省中小企業支援ネットワーク強化事業 認定専門家。物販で培ったマーケティングノウハウを生かす、経営視点かつ現場最優先の実践的なコンサルティングを得意とする。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ