【成長ショップ物語】 〈ナップス〉/3年で3倍の売り上げ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

マーケティング部・山内章弘部長(写真左)と営業部・EC課久保田将大課長代理

 バイク用品をECで販売する「NAPS(ナップス)」を運営するナップス(本社神奈川県、望月真裕社長)は、EC売上高が3年で3倍に伸長している。20年2月期のEC売上高も前期比2桁増の見通しだ。
 EC売上高については非公開だが、同社の店舗の中で最も売り上げが大きい横浜店の売り上げよりも、EC売り上げの方が高くなっているという。
 同社は17年2月以降、SEO対策とウェブ広告に注力し、販促を行ってきた。SEO対策では、商品ページごとに対策を行い、入念なページ作りを行ってきたという。「コンバージョンも意識したページ作りにも注力してきた」(営業部・EC課久保田将大課長代理)と話す。
 ECサイトで販売する商品も、店舗で売れている商品とECの売れ筋データを集約させるようにした。パレート分析を用いて、商品の選定なども行っている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」11月14日号で)

【データ】 
■販売チャネル「自社サイト」「dショッピング」
■導入システム「フルスクラッチ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ