【成長ショップ物語】 〈「愛の果実」〉/高級フルーツのギフト需要で月商350万

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

池内店長の母の池内まみい氏

 フルーツのECを運営するアオイ農園(本社大阪府)は、15年に楽天市場で「愛の果実」というネットショップをオープンした。母の日やバレンタイン、法事、お歳暮といったギフト需要に向けて、高級フルーツを訴求している。現在は月商350万円前後で推移しており、月商500万円を目指したい考えだ。
 同社は大阪府和泉市で、パーラーの実店舗も運営している。毎朝、大阪中央市場の青果市場で、高品質な青果物を仕入れている。
 ECでは、ギフト需要での売り上げが多く、誕生日や内祝いと言ったプレゼントに購入する顧客も多いという。最も売れる商品は、季節のフルーツを10〜25個詰め合わせにした「プチボックス」だという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」2月21日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ