【成長ショップ物語】 〈Mt.石井スポーツWEBSHOP〉/自社サイトを刷新、売上構成20ポイント増

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

EC事業を説明する河野賢太郎次長

 登山用品を実店舗とネットで販売するICI石井スポーツ(本社東京都、荒川勉社長)は10月、自社ECサイトを刷新した。実店舗とECのポイント制度を統合。ECサイトへの導線を持つウェブサイトも9月に刷新した。PV数は刷新前の8倍に増加した。EC全体の売上高に占める自社サイトの売上高は、刷新前と比べて20ポイント以上高い約25%となっている。
 新規顧客の獲得と、コアユーザーの育成を目的にECサイトを刷新した。スマホ表示への対応や、実店舗とのポイント統合を行ったほか、登山上級者へのステップアップに役立つコンテンツも拡充した。
 ウエブサイトには、全国で30店以上運営する実店舗のスタッフが執筆するブログを掲載。山行レポートや商品紹介など登山愛好家が注目するコンテンツを中心に、毎日5~6件新規で掲載している。ECサイトでもお薦めのコーディネートなどをブログ形式で提案している。
 ECサイト「Mt.石井スポーツWEBSHOP」では、登山用品やウエアを5500アイテム取り扱っている。刷新に伴い、ECサイト構築パッケージ「Orange EC」を導入した。
 ICI石井スポーツは「各モール店の受注状況を物流会社にメールで送るといった手作業が、ほとんどオートマチックにできるようになった。業務改善は顧客サービスの向上にもつながる」(オムニ事業部WEB課・河野賢太郎次長)と導入効果を説明する。
 「Orange EC」の導入前は、物流代行会社へ受注データを送るのに、受注から1~2日間かかっていた。現在は、楽天市場店の翌日配送サービス「あす楽」に対応できている。
 数年前は、商品画像がうまく表示されないなど、ECサイトの状態は芳しくなかった。サイトが新しくなった今、「毎年50%ずつくらいはEC売上高を伸ばしていきたい」(同)と抱負を述べる。
 18年8月期のEC売上高は前期比約20%増の4億6000万円。今期は6億6000万円を目標としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

成長ショップ物語 連載記事
List

Page Topへ