【EC関連リサーチ】マーシュ「20代〜40代女性ファッションアンケート調査」/全体の7割がECで購入/総合モールでの購入の比率高く

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 調査会社のマーシュ(本社東京都、町田正一社長、(電)03―5468―5101)はこのほど、全国の20~40代の女性900人を対象にファッションに関するアンケート調査を実施し、結果を発表した。全体の7割がネットで私服を購入しており、中でも「総合ショッピングサイト」での購入率が高いことが分かった。

 調査は、私服を週1日以上着て、私服を購入する頻度が年1回以上の女性を対象にした。
 「私服の購入方法」について、実店舗とネットの利用状況を質問。「店舗のみで購入する」と回答したのは31.0%で、ネットショッピング利用者が69.0%を占めた。ネットショッピング利用者の内訳は、「店舗でもネットでも購入するが、店舗の方が多い」が36.2%、「店舗でもネットでも同じくらい購入する」が15.4%、「店舗でもネットでも購入するが、ネットの方が多い」が15.7%、「ネットでのみ購入する」が1.7%だった。
 年代別では、「店舗でのみ購入する」が20代で36.7%と最も高い。私服購入でのネット利用者は30代や40代で多かった。また、子どもの有無では、子どもがいる女性のネット利用率が72.5%で、子どもがいない女性は67.2%となった。

 ■総合ショッピングサイトが6割

 私服の購入でネットショッピングを利用することがある女性を対象に、どんなサイト(またはアプリ)で購入しているのかと、最も利用頻度が高いサイトやアプリについて聞いた。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月26日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


EC関連リサーチ 連載記事
List

Page Topへ