【2018年 EC業界重大ニュース】

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 18年のEC業界では、楽天やアマゾンなどプラットフォーム運営企業の動向が注目を集めた。楽天の物流強化やインスタグラムによるショッピング機能提供のほか、グーグルのアルゴリズム変更といった対応に苦心する事態も生じた。プラットフォーマーは、キャッシュレス決済の展開という点でもECを取り巻く環境に変化をもたらした。

■掲載記事
・楽天、自社物流を本格化/低運賃で導入企業が急増
・ゾゾ、PB本格化/製造トラブルも新商品続々
・グーグル、アルゴリズム変更で波乱/アフィリエイト経由の流入減少
・インスタ、ショッピング機能提供/SNS経由のネット販売が拡大
・アマゾン、メーカーに協力金要請/公取委が立入検査も
・乱立する”ペイ”/各社、サービス内容を吟味
・ライブコマース、相次ぐ参入と撤退/売り上げ貢献には継続が必須
・越境EC、第2次ブームの兆し/中国モール販売以外の手法も脚光

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ