【BtoB―EC】 〈ラブリー・ペット商事〉新ブランドを積極投入/ペット用品の人気キャラも提案

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

人気キャラクター「ひつじのショーン」などを使ったペット用品の販売を強化

 ラブリー・ペット商事は、ペット用品を積極的に投入している。
 今年1月には、ペット用品の海外ブランド「Mog&Bone」の新シーズンコレクションを発表し、EC企業への卸売りを強化。15年に設立されたブランドとなり、オーストラリアで人気という。同社が輸入して国内の販売を手掛ける。
 そのほか、環境に配慮した再生紙「GBoard(ジー・ボード)」を採用した猫用の家具ブランド「Anikitty(アニキティ)」も提案。独自の生産技術により、家具の原材料の99%に再生紙が使用されている。使用後は全ての商品がリサイクルできる。
 春からは、人気キャラクター「ミニオンズ」や「ひつじのショーン」などを使ったペット用品の販売を強化している。ヤフーやグーグルなどの検索エンジンでこうした人気キャラクターの検索件数が多く、一般消費者の関心が高いと見て、通販やEC企業への提案を強化している。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

BtoB-EC 特集記事
List

Page Topへ