【BtoB―EC】 EC化で業務効率向上、販路開拓に/商品仕入れをECで、在庫リスクも軽減

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 製造メーカーや問屋などが、商品をネットショップなどに販売する卸売りEC(以下BtoB―EC)の市場が拡大している。BtoC―ECを手掛けるネットショップは、ネットで仕入れることで、在庫を持たずに取り扱い商品の拡大を進めている。一方で、商品を卸売りするメーカーや問屋がネットに販路を拡大する動きもさらに活発化。電話やFAXといった従来の受注方法を見直したり、決済手段を増やすことで業務効率を改善し、政府が推進する働き方改革につなげようとする動きもある。今回の特集では、BtoB―ECを支援するカートや決済、集客ツールなどを導入した企業の事例やネットで商品を供給する卸売りサイトを運営する企業を取り上げた。

■掲載記事
・〈「Bカート」導入事例〉POINT SKYWARD/担当者2人で売上1.5倍に/接点確保、新規顧客開拓に成功
・〈「EC―Rider B2B」導入事例〉ニトムズオンラインストア/業務効率が大幅に改善/BtoBに適した機能が標準搭載
・〈「ゼウス決済代行サービス」導入事例〉エフイートレード/車種別の受注がECで実現/多言語化で海外展開も視野
・〈ラブリー・ペット商事〉EC向けの卸売りを強化/約2万品目をラインアップ
・〈ラブリー・ペット商事〉新ブランドを積極投入/ペット用品の人気キャラも提案
・〈コスモス・ベリーズ〉家電・雑貨をネットで仕入れ/修理アプリ「なおすけ」でフォロー充実
・〈【インタビュー】 早期資金化サービス「Paid早期払い」〉GMOペイメントゲートウェイ 企業間決済事業部 小川康秀部長×ラクーンフィナンシャル Paid推進部 大橋正人副部長/早期資金化でBtoB取引を円滑に
・〈ジェーエムエーシステムズ〉受発注サービスを提供/手間・人為的ミスを解消

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

BtoB-EC 特集記事
List

Page Topへ