【BtoB—EC】 ネットショップ支援室〈「楽楽B2B」〉/月額5万円で提供/カスタマイズにも対応

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 EC支援ソリューションを提供するネットショップ支援室(本社東京都、泉成人社長、(電)03—6380—0590)は、BtoB—EC事業者向けカートシステム「楽楽B2B」の提供を本格化している。月額5万円の定額制ながらカスタマイズに対応している点が特徴だ。
 「楽楽B2B」は法人向け販売に必要な卸価格の設定や、取引先ごとに表示内容を変更できる機能などを備えている。法人取引向けの決済手段も多数用意。取引先によって決済手段を変えることも可能だ。
 「一般的にカスタマイズ対応するパッケージシステムは導入費用が高い。ASPでも従量課金制のプランが多く、コストをコントロースできない。当社では比較的安価な定額制でカスタマイズに対応している」(B2B・BBC事業部・三宅晋平マネージャー)と話す。
 カスタマイズにより、独自の機能や納品書デザインを採用できる。基幹システムとの連携のためにカスタマイズすることも可能だという。初期費用は10万円から、月額5万円から(すべて税別)。
 「楽楽B2B」に加えて、販売店を持つメーカー向けカート「楽楽BBC」も提供している。「楽楽BBC」を導入すると販売店の顧客に、ECサイトで直接商品を販売できる。
 販売店に販売手数料を提供する仕組みもある。メーカーは販売機会の損失を防ぎ、販売店を通じた顧客開拓を促進できる。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

BtoB-EC 特集記事
List

Page Topへ