LINE/ファッションECに本格参入/気鋭ブランドを小売店・消費者に紹介

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「LINE Collection」のサービスイメージ

LINE(本社東京都、出澤剛社長)は4月17日、国内外のファッションブランドを小売店や一般消費者に紹介する「オンラインファッション展示会サービス」を開始すると発表した。発掘した気鋭ブランドの販路開拓を支援する。ECモール「LINE MALL」などでの一般消費者向けの販売も行っていく予定だ。サービスの本格展開は今夏を予定している。
 LINE子会社のBonsai Garage(ボンサイ ガレージ、本社東京都、首藤伸治社長)がオンラインファッション展示会サービス「LINE Collection(ラインコレクション)」を運営する。国内外のブランドが提供する商品をサイトで紹介し、小売店のバイヤーなどとのマッチングを行う。気鋭のデザイナーを発掘し、世に出すサポートをすることに狙いがある。
 サービスの本格展開を開始する今夏までに30ブランドをそろえる予定だ。その後、毎月10ブランド以上のペースで拡充していきたいという。サイトで紹介した商品は、同社が運営するECモール「LINE MALL」などでも販売していく計画だ。
 同社は、都内・神宮前にあるファッションビル「ラフォーレ原宿」に、4月24日~7月20日の間、実店舗を開設することも発表した。同店舗では、同サービスに参加するデザイナーの商品を紹介、販売する。こうした活動により、小売店や消費者に向けて、同サービスの認知度拡大を図りたい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ