日本自動車連盟/実店舗を初出店/EC強化の一環で

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

兵庫県・芦屋市に開設した実店舗外観

日本自動車連盟(JAF)は4月5日、運営しているECサイト「e―JAF Shop」の実店舗を兵庫県・芦屋市に開設した。初日は予想を上回る約1300人が来場した。
 実店舗では、JAFが観光協定を結んでいる273自治体の、約120品目の特産品を販売し、カフェスペースも設けた。店頭で購入できない商品は、店頭に設置されたタブレット端末を配置し、通販で注文できるようにした。
 展示している商品の6割が、関西以外の地域の特産品となっている。旅行しないと購入できない珍しい物が多い。毎月、地域のイベント開催も予定している。
 ECサイトは09年に開設した。「車で旅をする楽しみ」をコンセプトに、地域の特産品や安全グッズなど180品目を取り扱い、会員には割り引いて販売している。
 「上半期の売り上げ状況を見て、出店の拡大も検討する」(大洞行介理事)と言う。
 年間の来場者は3万人、売り上げは3000万円を目標にしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ