楽天/KDDIと協業/Wowma!の物流支援

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

決済、物流、通信ネットワーク分野において協業

 楽天は11月1日、KDDIと決済、物流、通信ネットワーク分野において協業すると発表した。楽天は携帯キャリア事業において、KDDIの通信ネットワークを活用する。KDDIグループのECモール「Wowma!(ワウマ)」では、楽天の物流サービスを活用するという。
 今回の協業は、両社の保有する資産を相互利用し、サービス競争力を強化するのが狙い。楽天は19年10月から携帯キャリア事業に参入する計画を進めており、通信ネットワークを提供するパートナーを模索していた。
 楽天はKDDIの通信ネットワークを活用することで、サービス開始当初から全国でLTE通信サービスの提供が可能となる。
 KDDIグループが運営する「ワウマ」では、配送運賃の上昇や物流業界の人材不足に対応するため、楽天が提供する包括的な物流サービスを活用する。
 19年4月から、「ワウマ」の出店者に楽天の物流代行サービス「楽天スーパーロジスティクス」や、自社配送サービス「Rakuten EXPRESS(楽天エクスプレス)」を順次提供する計画だ。
 KDDIは19年4月、スマホ決済サービス「au pay(エーユーペイ)」の提供を予定しており、楽天グループが持つ決済プラットフォームや加盟店網を活用し、普及を図る。
 両社の利害が一致し、今回の協業に至ったものの、携帯キャリア事業やECモール事業などで競合関係にあることには変わりない。協業は一時的な取り組みになる可能性は高い。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ