青山商事/都内にオムニ型店舗開設/ネットで選び、店で試着

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

オムニ型十店舗「デジタル・ラボ」

 青山商事は9月15日、都内大田区にネットとリアル販売形態を組み合わせたオムニチャネル型店舗を開設した。ネットの在庫から選んだ商品を店舗で試着できる。
 店舗名は「デジタル・ラボ」。全国の「洋服の青山」の商品在庫と連動したネット上の1000万点以上の在庫から好きな商品を選び店舗で試着や採寸ができる。最短2日で顧客の自宅に商品が届くため、来店時は手ぶらで帰ることができる。
 ネットとリアルを連動させるオムニチャネル戦略の一環。9月29日には都内調布市にも同店舗を開設する。
 同社の17年3月期のEC売り上げは前期比約10%増の約17億円。今期は同約12%増の約19億円を計画している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ