【カタログから分析 通販会社調査隊】〈192〉 サンスター「健康道場」/ヘルスケア提案と電話対応を重視

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「健康道場」(写真左)と、定期顧客向けに送られる健康情報誌「玄米菜食」(同右)

 サンスター(本社大阪府、金田善博社長)は、青汁などの健康飲料の通販カタログ「健康道場」を発行している。「健康道場」は、定期購入の申し込みをした顧客の商品に同梱して発送している。同カタログでは、同社の健康食品のラインアップを紹介するだけでなく、同社が独自に研究・開発した健康法の提案も行っている。電話注文の割合が高い同社では、コールセンターのオペレーター教育を重視することにより、定期顧客の定着を図っている。
 「健康道場」には、青汁やニンジンジュース、玄米食など、健康に役立つ17品目の食品を掲載している。売れ筋商品はトクホの青汁「緑でサラナ」。2009年の発売以来、累計1億本を販売している。
 定期顧客向けには、「健康道場」だけでなく、「玄米菜食」という健康情報誌も同梱するようしている。「玄米菜食」では、同社が研究・開発した独自の健康法について、理念や実践方法をより詳しく紹介している。同健康法はもともと社員の福利厚生のために生み出されたもので、同社の商品開発にも生かされている。「玄米菜食」には、同社の玄米食を使ったレシピなども掲載。緑色野菜の栄養機能を検証したデータも紹介している。

(続きは、「日本流通産業新聞」5月24日号で)

「サンスター心身健康道場」をPR

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ