【カタログから分析 通販会社調査隊】176 「Chef Marche(シェフ・マルシェ)」/SNS映えメニューで新規獲得

 レストラン向けに業務用食材の通販を行うユニコ・ジャパン・インターナショナル(本社東京都、池谷正美社長)は17年のカタログを制作する際、商品PRの方法を改めた。見た目の派手さを意識したメニュー提案を行うようにしたのだ。「SNS映え」を意識したメニューの提案は、新規出店したレストランの経営者などの心をつかんでおり、DMによる新規顧客の獲得率も向上しているという。
 同社は全国のイタリアン・フレンチレストランに向けて、畜産品、魚介類、デザートなどの業務用食材を通販で販売している。人手不足に悩まされているレストランは多く、ある程度まで調理を施した食材が求められているのだという。同社では一次加工済みの食材を、メニューとともに紹介することにより、顧客の業務の効率化をサポートしている。
 17年のカタログ制作にあたっては、「インスタ映え」にこだわったメニュー選定を行った。

(続きは、「日本流通産業新聞」12月14日・21日合併号で)

インスタ映えする新メニューを提案

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ