【カタログから分析 通販会社調査隊】168 ジャパン・メール・サービス「韓流通信」/中古ソフトの検索代行

 雑貨や韓国関連商品を販売するジャパン・メール・サービス(本社東京都、紅田泰社長)は、韓国ドラマのDVDやグッズを販売するカタログを年3~4回発行している。8月から、中古ソフトの検索代行サービスを開始した。顧客に代わって中古ソフトを探し、販売している。カタログでサービスを告知したところ、100件以上の依頼があったという。16年11月期の売上高は2億4000万円だった。
 「中古ソフト名作探索サービス」は、顧客から依頼された韓流ドラマや映画の中古ソフトを探すサービス。探し出したソフトの状態や価格を顧客に伝え、顧客は条件によって購入を決めることができる。支払いは主に代金引換で対応。韓流作品以外のソフト検索も代行している。

(続きは、「日本流通産業新聞」10月5日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ