【ヒットの予感】フィットネス機器「ライフフィットエアー」/エアーバッグで簡単にストレッチ

フィットネス機器「ライフフィットエアー」

 フィットネス・家庭用医療機器メーカーの富士メディック日本(本社東京都、前澤麗加社長、(電)03―6404―6086)が8月に発売したフィットネス機器「LIFEFIT(ライフフィット)エアー」が手軽さを要因にヒットの気配を見せている。すでに販売を開始しているテレビ通販やカタログ通販では売れ行きが好調だという。
 同社が今年8月に発売した「ライフフィットエアー」は、エアーバックが内蔵されたストレッチマットだ。使い方は、ストレッチマットの上でポーズをとるだけ。膨らむエアーバッグが、体の伸びを促進し、ストレッチを効果的にサポートしてくれるという。
 同商品には、三つのコースが設定されている。(1)エアーバッグが左右交互に膨らむ「バランスコース」(2)エアーバッグが上下に膨らむ「ボディストレッチコース」(3)エアーバッグの膨らみが体を上下左右に揺らす「リラックスコース」ーーーの三つだ。
 収納性が高いこともセールスポイントの一つだ。「折り畳みが可能なマットになっており、ソファやベッドの下、壁の隙間に収納できる」(企画)としている。
 価格は2万4800円(税別)。テレビや紙媒体を扱う通販企業を中心に卸展開を行っている。すでに一部のテレビ通販やカタログ通販では流通しており「発売から1カ月足らずだが、好調に推移している。マットの上でポーズをとるだけという手軽さが受けているのではないか」(同)と分析しており、「ヒット商品として大きく成長するのではないかと期待している」(同)と話している。

膨らむエアーバッグが、体の伸びを促進し、ストレッチを効果的にサポート

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ヒットの予感 連載記事
List

Page Topへ