【カタログから分析 通販会社調査隊】167 「ベストセレクション2017」/構成見直しコスト30%削減

 建材のメーカー直販を手掛けるサンワカンパニーは、毎年春と秋にカタログを発行している。17年の「春・夏号」は、ECサイトとカタログを連動させて、カタログの掲載商品数やページ構成を見直した。ページ数の削減などにより、カタログの発行コストは前期比で30%減になったという。
 同社はメーカーとして、キッチンや洗面台、玄関ドア、エクステリアまで、幅広く建材を製造・販売している。製品のデザイン性を重視しているため、カタログでも商品写真を大きく掲載している。そのため、掲載点数が多い「春・夏号」のページ数は300ページを超えた大型のカタログになっている。
 同社はECサイトの商品紹介をより充実させることにより、カタログの分量の削減を進めている。

(続きは、「日本流通産業新聞」9月28日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ