【抗疲労・快眠・抗ストレス素材 特集】 機能性表示で恩恵も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 「抗疲労・快眠・抗ストレス」は、機能性表示食品制度の登場によって、最も恩恵を受けた分野の一つといっていいだろう。疲労・眠り・ストレスといった分野での機能性は、バイオマーカー(指標物質)の特定が難しいこともあり、トクホでは許可実績が乏しかった。機能性表示食品制度では、客観的指標だけでなく、主観的指標による評価が認められていることもあり、続々と同分野での受理実績が生まれている。機能性表示食品化を視野に、同分野における新素材が発売されるケースも増えてきている。

(続きは、「日本流通産業新聞」10月04日号で)

■掲載企業
・三和酒類
・日本ハム中央研究所
・コンビ
・ニュートリション・アクト
・甲陽ケミカル
・アダプトゲン製薬

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ