【美容機器】 オーゾラ/訪販・宣講販企業への提案強化/OEM提案も可能

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

水素とファインバブルを発生する「ハイバブルバス ルクザ」

 オーゾラ(本社大阪府、馬面祐二社長、(電)06—6533—0050)は、美容と健康をキーワードに、浴室で水素とファインバブルを発生する装置「HYBUBBLE BATH LUXHF(ハイバブルバス ルクザ)」(価格は税別65万円)を提案している。このほど、スパ施設向けの業務用(ハイバブルバスプロ)も開発し、導入を広げている。
 家庭用は太陽光発電・オール電化企業やリフォーム会社など訪販企業との取引実績をもとに、新たな販路に提案を強めている。OEM供給やPB開発も可能だ。
 従来品の「ハイバブルバス」をリニューアルした。連続で15分発生する「タッチモード」と60分発生する「長押しモード」の機能を追加。マイクロバブルがスイッチを入れてから約10秒で素早く発生するように改良した。
 ファインバブルは、皮膚に触れると吸着する性質がある。毛穴よりも小さい泡のため、毛穴の洗浄作用が期待できる。また、はじける瞬間の熱エネルギーで温熱効果を高くする。マイクロバブルのホースと付け替えて使用するオプション品「ナノバブルシャワーヘッド」も同様に使用できる。
 ナノバブルは水中ではじける事がなく、長時間滞在するので、お湯を白濁させるマイクロバブルが消えても洗浄効果が期待できて、肌触りの良いマイルドなお湯を使うことができる。
 設置工事は不要。脱衣所のコンセントにつないで稼働できる。 床置きでも十分な長さのホース(約1.8メートル)が標準セットされている。短いホースを用意してバスタブの上に本体を配置するなど、浴室のレイアウトに合わせて、使用できる。重量は約8.5キログラム。10分と15分のタイマー機能を付けた。終了後、セルフクリーニングする。
 そのほか、非接触給電式の水素水生成器のシリーズとして、携帯型の「水素水タンブラー」、ポット型の「ハイブリッドポット」なども販売。いずれも浄水機能が付いていて、実用新案を取得済みだ。これら製品のOEMも積極展開している。

スパ施設向け業務用「ハイバブルバスプロ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

美容機器 特集記事
List

Page Topへ