【機能性表示対応素材】

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 機能性表示食品制度が発足してから早や3年が経過した。機能性表示食品制度ができたことによってこの3年間、健康食品業界に、よくも悪くも大きな変化が訪れたということは、誰もが一致するところだろう。そして、ガイドラインの改定が行われるなど、制度の内容は少しずつ変化していっている。「前に通っていた届け出が突然通らなくなった」「理不尽な理由で届け出を突き返される」といった事業者の不満の声をいまだに聞く。制度が現段階で発展途上であることは、誰の目にも明らかだろう。ただ、制度の未成熟を嘆いているだけでは前に進めない。未成熟をむしろ好機ととらえ、発展・成長の道筋を模索していくことが求められているのかもしれない。

(続きは、「日本流通産業新聞」6月7日号で)

■掲載企業
・アピ
・三和酒類
・協和薬品
・フジッコ
・東洋新薬
・フジ日本精糖
・ギャバ・ストレス研究センター
・ファーマフーズ
・三菱ガス化学
・常磐植物化学研究所
・三協

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ