【特集 NBサロン】サロン設置が信頼向上に

 美容関連製品などを販売するネットワークビジネス(NB)企業では、デモンストレーションと製品体験を通じたリクルートが依然として有力になっている。会員運営のサロンでは、NBの活動による収入に加え、一般消費者への役務提供による収入が得られるなどメリットも大きいようだ。配送料の値上げが進む中で、サロンで商品が購入できるようにして配送料がかからないメリットを打ち出す企業も出てきている。サロン運営に関するノウハウを持つ注目企業5社の取り組みを紹介する。

■掲載企業
・スカイネット・インターナショナル
・スリーピース
・ニナファームジャポン
・YOSA
・アフロゾーンジャパン

(続きは、「日本流通産業新聞」10月26日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ