【美容機器】 使いやすさ、多機能性を追求

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

本体に美容器として使用する「ビューティフェイシャル」

 自宅で手軽に美容ケアができ、エステに通うより時間と費用が削減できる美容機器。より手軽に本格的な美容ケアをしたいという要望に合わせ、メーカー各社は使いやすさ、多機能性、利用シーンの多様性などに磨きをかけている。市場にはさまざまな美容機器が日々投入されており、アイテム数は飽和状態にある。そんな中でもヒットを続けている美容機器や注目を集める新アイテムを紹介する。

■掲載企業
・サニーライフジャパン
・伊藤超短波
・グローバル・インターナショナル・チェリー
・ドクターセラム
・バイオクイーン

(続きは日本流通産業新聞 1月8日号で)

小型EMS機器「STYLIFT」

「ECLAT FRAISE(エクラフレーズ)」

ドクターセラム 吉川育矢社長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ