【美容機器】 サニーライフジャパン/クレンジングから引き締めまで/求めやすい価格で多機能を実現

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

目々澤峻社長

 補整下着や美容器など、美容関連商品を販売するサニーライフジャパン(本社神奈川県、目々澤峻社長、045―905―5431)は、複合美容器「エレモアパルフェ」シリーズから、新モデルのコードレス式美容器「パルフェ リュクス」を19年12月に発売した。卸売りやOEMに対応している。美容液浸透促進とEMS、高周波を組み合わせた高周波を組み合わせた複合液や、光美容、イオン導入など10種類の機能を持つ。希望小売価格は税別5万9000円。卸売り価格も求めやすい価格に抑えて提供している。
 肌をトリートメントするヘッドは、本体正面と背面の二つ。クレンジングからマッサージ、リフトアップ、有効成分の浸透を促進、肌の引き締めまで1台で実現する。
 「例えば頭の筋肉を刺激するEMS機能は、3分間程度トリートメントするだけで引き締まり、フェイスラインが変わる人もいる」と話す。体感が良く、翌日のシェイプ効果が分かりやすいものを目指しているとしている。
 卸売りしたエステサロンからは、「美容液の肌への導入が良い」と好評。サロンの顧客からは、「施術の翌日に効果を実感できた」などの反応が寄せられているという。
 他にも、冷却機能のあるヘッドで肌を冷やし毛穴を引き締める「クール」機能は、10秒近くでヘッドの温度が8度近くまで下がる。19年に開発した試作機よりも冷える時間が早く、ファンの騒音も抑えた。温度はさらに冷たくなり、使用感の良さが向上した。
 目々澤社長は、「他社と比較しても機能が多い。今までの美容器が一台に一体化したような商品に仕上がっている」と機能の多彩さを強調。卸売り価格も仕入れやすい価格帯に設定しており、求めやすさに自信を持っている。コンパクトな形状や、本体の軽量化にもこだわった。多機能ながら女性でも扱いやすい重量感にしている。

10種類の機能をもつ「パルフェ リュクス」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

美容機器 特集記事
List

Page Topへ