【エビデンスのある素材】 業界のエビデンスレベルの向上進む/エビデンス内容も多様化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 機能性表示食品制度の影響もあり、エビデンス取得を目指す健康食品企業は着実に増えている。トクホと違い、表示できる機能性の範囲が広いことを反映し、取得するエビデンスの内容も多様化している。裏付けのある健康食品を販売する企業が増えたことは単純に朗報といえるだろう。業界のレベルは一歩、また一歩と上がってきたが、それを受け止める消費者のレベルは、旧態依然のままというのが現状ではないか。機能性表示食品とトクホの違いすら、理解できている消費者は極めて少ない。業界のエビデンスレベルの向上が、消費者までも巻き込んだ、レベルアップの大きなうねりにつながっていくことを期待したい。

(続きは、「日本流通産業新聞」3月28日号で)

■掲載記事
・〈【注目素材】 東洋新薬の機能性表示食品素材2品〉独自素材を多数展開
・CICフロンティア〈「OptiMSM」「ユニベスティン」〉/関節症の改善を臨床試験で実証
・ニュートリション・アクト〈「オレアビータ」〉/筋肉量維持して体脂肪減らす
・〈龍泉堂 塩島由晃社長〉「コグニアップ」で新臨床実施
・クレディ創食〈「植物性ケイ素」〉/100人の臨床でも有用性確認
・越後薬草〈酵素原液「野草酵素萬葉」〉/腎機能や免疫機能改善に有用
・〈佳秀工業 寺本充寛常務取締役 ヘルスケア事業部長〉バージンプラセンタエキスで共同研究続々
・タマ生化学〈「アメリカンジンセンエキス」〉/多様な有効性を臨床で確認
・協和薬品〈複合植物エキス「ディライトアップ」〉/HGF誘導し脳機能など改善
・ジャパンローヤルゼリー〈「ローヤルゼリープロテイン」〉/ヒト試験などで有効性確認
・〈トピックス〉タヒボジャパン 機能性表示食品を発売/タヒボ由来食品では初の快挙
・ドクターセラム〈「シルクフィブロイン」〉/メタボ対応素材使ったサプリをOEM供給
・日本ハム中央研究所〈「P―プラセンタエキス」〉/シミ・シワの増加抑制効果を確認
・〈トピックス〉日東薬品工業 ポストバイオ研究推進
・ユニアル〈「北海道産クマイザサ粉末」〉/整腸作用関連の届け出準備着々と
・三菱ケミカルフーズ〈有胞子性乳酸菌素材「ラクリス―S」〉/「便通改善」でSR
・アークレイ からだサポート研究所〈「クリプトベータ」〉/機能性表示視野に新試験
・林兼産業〈「カツオエラスチン」〉/機能性表示食品の開発支援を活発化
・三和酒類〈「大麦乳酸発酵液ギャバ」〉/「活気・活力感」で初受理

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ