【注目の取り組み】 日本バイオコン/ブースをウェブで再現/オンライン展示会サイト開設

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ifia/HFE JAPAN 2020」の再現サイト

 商社であり製造会社でもある日本バイオコン(本社愛知県、渡辺秀人社長、(電)052―661―8105)はこのほど、展示会の出展内容をウェブ上で再現するユニークな取り組みを開始した。第1弾として7月3日から、同社が4月に出展を予定していた「ifia/HFE JAPAN 2020」のブースを再現した特設サイト=写真=を開設した。
 同社は7月3日、同社の公式ホームページ内に特設サイト「オンライン展示会(Web展示会)」を開設した。同サイトからは、「ifia/HFE JAPAN 2020」のブースを再現したサイトへとアクセスできる。
 ブースの再現サイトでは、ブースのイラストの各部分をクリックすると、資料やカタログが入手できるようになっている。例えば、ブースに展示されたリーフレットの画像をクリックすると、「豚肝臓分解物」や「L―シスチン」など同社素材のリーフレットを見ることが可能。中央の大型ディスプレーをクリックすると、「アクアミネラルT」の紹介動画が再生される。同社素材のコンセプトカタログを閲覧したり、各素材の仕様書を見たりすることも可能だ。営業マンの画像をクリックすると、問い合わせフォームが開く仕組みにもなっている。
 なお、ブース横に立つマスコットキャラクター「馬エラくん」をクリックすると、「馬エラくん」がしゃべりだす。「馬エラくん」は、「コオロギせんべい」を手に持っており、オンラインでの来場者に先着順でプレゼントするのだという。
 同社がこうした取り組みを開始したのは、コロナ禍で出展を予定していた展示会がことごとく中止になってしまったからだという。「ifia/HFE JAPAN 2020」のオンライン上の再現に当たっては、同展示会を主催する食品化学新聞社(本社東京都)の許可を得ているという。
 今後は、今年2月に出展した「厨房設備機器展2020」や、今年3月に出展予定だった「健康博覧会2020」のブースの再現にも取り組む考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ